デパス(エチゾラム)を飲むと頭が回らない副作用

デパス(エチゾラム)を飲むと頭が回らない

デパス(エチゾラム)を飲むと頭が回らないと感じた事はありませんか?

 

私が初めでこのデパスという薬を飲んだ時、数分後に頭が回らないという感覚に襲われました。

 

まるでお酒を飲んで酔っ払っているような感じ・・・

体がフワフワして、何だかろれつも回らないような・・・

 

あまり副作用はないと言われている薬なのですが、飲んですぐにこのような症状があり非常に驚いたのを今でも覚えています。

副作用とまではいかなくても脳が変

向精神薬指定された薬なのでそれなりに何らかの問題があると考えられているのですが、どちらかと言えば問題は依存性なんじゃないかと思っています。

 

デパス(エチゾラム)で頭が回らない副作用 

しかしパニック障害や過呼吸の発作が起こるとどうしても頼らずにはいられません。しかし服用すると

 

  • 何だかぼーっとする
  • 頭が重く感じる
  • 脳が動かない感じ

 

動きも鈍くなっているように思え、また気分的にも何もしなくなくなってしまうんです。

 

薬を飲んでしばらくするとこのような症状が現れるので、原因は薬。それ以外には考えられないのですが、それが落ち着くとパニックや過呼吸なんかも治まってしまうのでついつい依存しちゃうんですよね。

運転するなら服用は気を付けよう

車は交通手段の一つですが、自分が運転するなら薬を飲むタイミングに気を付けなければなりません。

 

何せ睡眠薬としても使われる薬なのですから眠くなっちゃう(汗)

 

私が減薬を考えた理由の一つに

 

運転していて事故を起こしたらどうしよう

 

という恐怖心がありました。

 

我が家はかなり田舎で車がなければ生活出来ないような場所。バスも走っておらず、買い物に行くのも出かけるのも歩けば最低20分以上はかかってしまいます。

 

だから車がなければはっきり言って動く事が出来ない・・・

 

こんな生活環境で運転中眠くなったら洒落にならない!

 

最低でも出かける30分前には飲むように配慮してきました。

 

何もなければいつ眠ってしまっても問題ないのですが、ちょっとした買い物すら気配りが必用になってしまう事に小さなストレスを感じていたんです。

エチゾラムを飲まなければ頭は働くけど

薬を飲まなければ普通通り頭は動いてくれます。しかし飲まなければ心が苦しい・・・

 

精神的にストレスを溜めているから精神疾患になっているのに、薬を飲む事でも変なストレスを溜めてしまう。

 

服用し始めた頃は何よりも

 

この辛さをなくして欲しい

 

という思いで飲んでいたのですが、飲み続けるうちに薬にも慣れ始め飲めば治るという安心感

 

しかし一つの苦しみを過ぎてしまうと次の問題が出てきてしまうんですよね(汗)

 

少しでも減薬、出来れば断薬をしたいと思い始めたのは飲み始めてから10年が経った頃だったのですが、実際は断薬するまでに20年もの歳月がかかってしまいました。

 

依存はしない

副作用はない

 

デパスを飲み続けてきた私にとってこの言葉は嘘。

 

しっかり依存したし、キツクはないけど副作用もあった。。。

 

頭が回らず仕事にも支障、運転にも支障、色々な事に問題を感じていたのです。

 

きっと同じように感じている人は多いと思いますが、少しずつでも減薬をしてみると精神的にも落ち着くのでまずは飲む時間を数分でもずらしてみると良いですよ!

スポンサードリンク



デパス(エチゾラム)依存から断薬・減薬成功

当サイトおすすめ!



デパスを断薬する方法を勉強しよう!

うつ病や精神疾患ランキングで悩みも解決!

関連ページ

デパス(エチゾラム)の依存や副作用で覚えられない
デパス(エチゾラム)に依存すると副作用として覚えられないという問題が出てきました。デパスはあまり副作用がないと言われていますが、飲み続けるうちに依存し物覚えが明らかに悪くなっていきました。決して物覚えが悪かった訳ではないのに。それも怖くて減薬を考えたのです。
デパス(エチゾラム)は短期から中期だと依存しにくい
デパス(エチゾラム)は服用期間が短期から中期であれば依存しにくい薬と言われています。しかし私の場合は長期、それも20年もの間飲み続けていたのですからかなり依存していました。減薬や断薬に失敗したのは薬物依存に陥っていたからなのですが、それを知らずに飲み続けていたのです。
デパス(エチゾラム)を服用する危険性を知ろう
デパス(エチゾラム)は比較的副作用が少ないと聞いて飲み始めたのですが、実際はかなり依存度が高く減薬や断薬をしようと思うと離脱症状が激しい場合があります。処方された時にはデパスの危険性を理解した上で上手く服用する事が大切な薬なのです。
精神安定剤のデパス(エチゾラム)0.5を毎日飲む副作用
デパス(エチゾラム)の0.5を毎日飲む副作用について考えてみたいと思います。25年前、うつ病を患った時に処方されたデパス。毎日0.5を1錠飲んでいたのですが、その程度では問題になるような事はありません。ただ問題は、そこから薬に依存してしまうという事だったのです。
デパスの効果?副作用?眠気が酷くて起きてられない
デパス(エチゾラム)の効果か副作用かは難しいところですが、飲むと眠気が酷くて起きていられないなんて事はありませんか?活動するお昼に服用し転倒したり、運転中の睡魔で事故を起こしたりと、日中の服用には気を付けなければなりません。あまりにも酷いなら量を減らす事も考慮してみて。
デパスを飲むと太る?!体重増加は副作用なのか
デパスを飲み始めてから太った人は多いのではないでしょうか。私も実は体重が増加してしまった一人なのですが、これはデパスの副作用と言えるのかが微妙です。精神的に安定すると食欲がわいてしまう、嫌でも太ってしまうのですがどれだけ太るか?を書いてみたいと思います。
デパス(エチゾラム)と風邪薬は一緒に服用しても大丈夫?
デパス(エチゾラム)に依していても風邪は引いてしまうもの。そんな時、デパスと風邪薬って一緒に飲んでいいの?って不安に感じた事はありませんか?基本的には市販されている風邪薬との併用は問題ないそうですが、気を付けなければならない飲み合わせもあるのです。
デパスの副作用の一つ頭のふらつき、フラフラする
デパス(エチゾラム)の副作用の一つに頭のふらつきや、何となくフラフラするというのがあります。初めてデパスを飲んだ時、頭がグルグルと回った私は飲んでも大丈夫なのかな?と不安を感じました。しかしこれはデパスを飲むと当たり前のように生じる症状なのです。
デパスを飲むと生理不順になるのはエチゾラムの副作用?
デパス(エチゾラム)を飲むと生理不順になる?というのは女性にとって不安ですよね。副作用が少ないと言われているデパスですが、女性の体にとって月に1度の生理が不順になるのはやっぱり心配。20年以上服用してきた私の体で考えてみたいと思います。
デパス依存は断薬しようと辞めたのに飲み始めてしまう
デパス(エチゾラム)に依存していると断薬しようと思っても結局飲んでしまって失敗してしまう人が少なくありませんが、私もその一人でした。依存が強くなればなる程辞めにくいこのデパス。それでも20年以上飲んでいた薬を辞めて良かったと思う事を書いてみたいと思います。
デパス(エチゾラム)は薬への依存と精神依存がある
デパス(エチゾラム)は依存しやすい薬なのですが、薬に対する依存よりも精神依存の方が強いんじゃないか?と思っています。飲めば気持ちが落ち着く、持っているだけで心が安定する。デパスを飲んでいる人でなかなか辞められないのは精神依存なのかもしれませんん。
デパス(エチゾラム)の0.5を1錠飲み続けても依存する
デパス(エチゾラム)の0.5をたった1錠飲み続けるだけでも実は依存してしまいます。私が断薬を失敗したのはこの1錠が辞められなかったからなのですが、辛い時に即効性があるというのも依存する原因なのでしょう。飲み方を間違えなければ良い薬なのですが・・・
デパスの依存や耐性がつくと減薬や断薬が難しい
デパス(エチゾラム)は依存性が高く耐性が付きやすい薬と言われています。しかしこうなると減薬や断薬が難しくなってしまうのですが、これを少しでも緩和するにはサプリなどを上手く併用するのがおすすめです。何故依存したり耐性が付きやすいか?を調べました。
デパス(エチゾラム)の副作用に下痢や便秘なる事がある
デパス(エチゾラム)にはあまり副作用がないと言われていますが、時々下痢や便秘になる事があります。これは腸内環境が悪化している事が原因なのですが、セロトニンが足りない鬱病やパニック障害はそれでなくても腸内環境が悪い物。その理由を考えてみます。
デパス(エチゾラム)が効かなくなって不安を感じるなら
デパス(エチゾラム)を飲んでいると日に日に効き目がなくなっているように感じると不安ですよね。何カ月も飲み続けると、最初は結構効き目を感じていた0.5mgを服用しても昔ほど辛さが減らない。そんな不安を感じているならもう1錠増やしてみると効果を感じられるはずです。
デパス(エチゾラム)は危険な薬?抗不安薬や精神安定剤の怖さ
デパス(エチゾラム)は危険な薬なのか不安になりますよね?抗不安薬や向精神薬など、精神疾患に処方される様々な薬の中でもデパスは処方されやすい薬なのですが、飲み方を間違えないようにしないと依存しやすい薬だと言えます。
デパスの依存に苦しみ自己嫌悪に陥っていた頃は断薬できなかった
デパス(エチゾラム)に依存してると知り、まさか自分が薬に依存!と自己嫌悪。しかし断薬しようとしても簡単に辞められず自暴自棄になっていました。簡単に辞めれると思ってたのになかなか辞められない自分の弱さにも嫌気がさしたのですが、それでも減薬すら出来ない程依存していたのです。