デパス(エチゾラム)を睡眠薬で飲んでも眠つけない

デパス(エチゾラム)を睡眠薬として飲んでいるのに効かない

デパス(エチゾラム)不眠を解消するため、睡眠薬として飲んでいるのに全く効果を感じない日がある事があります。

 

決して依存する程飲んでいる訳ではなく、前日は薬を飲むと直ぐに眠れたのに、次の日は同じ時間に服用しても眠れない・・・

 

眠りとストレスは深く繋がっているのですが、あまりにもストレスを感じた時はデパスが効かなくなる事があるのです。

デパスを飲んでも眠れない

また、睡眠薬として服用していても長年飲み続けると依存。

 

いざ減薬や断薬をしようとしても離脱症状が出てしまい、なかなか辞められないという問題もあるので出来れば最初から飲みたくないもの。

 

しかし眠れないという事はとても辛いんです。

不眠でデパスを飲むのは良いけど

日常生活の中には沢山イライラする事がありますよね?

 

自分で気づく事もあれば気づかない事も・・・

 

特に季節の変わり目や気圧の変化が激しい時などは、知らない間に体がストレスを受けています。

 

こんな時は残念ながらデパスが効きにくい・・・と思う事が少なくありません。

 

私が20年以上もの期間エチゾラムと呼ばれる薬を飲んできて、当然薬に対する耐性がついていたというのもありますが、春と梅雨そして秋は薬が効きにくいと感じていました。

 

だからと言って薬を増やしてしまうのは将来的な事を考えると避けたいもの。

 

 

眠れないなら太陽の光を浴びよう

 

良く言われますが、やっぱり太陽の光を浴びると眠りやすくなります。

 

不眠が治るまでとは言えませんが、外に出る日と出ない日を自分で試してみると結構その違いが分かるんじゃないでしょうか?

 

ただこれには問題があって・・・

 

ゆっくりと太陽の光を浴びながら長時間散歩すると、そのあとが疲れちゃって昼寝なんてしちゃうんですよね(-_-;)

 

そうすると基本的に夜は眠れないので、自分なりの丁度良い時間というのを測る必要があるのでしょう。

精神不安を強めないようストレスを減らそう

メンタルが弱まりストレスが増えてくるとセロトニンと呼ばれる脳内物質が減ってしまいます。

 

セロトニンが減ると眠るための神経伝達物質の一つ、ノルアドレナリンが作り出せず眠れなくなってしまうのです。

 

つまり、不眠で眠れないならセロトニンを増やす事。

 

デパスやSSRIなどの抗不安薬や精神安定剤はセロトニンを増やすためのお薬なのですから、本当なら薬なんかに頼らず自らセロトニンを作り出したいものですよね!

 

 

デパスを多用するのは極力避けて

 

私にとってなくてはならない薬ではありましたが、飲み続けてきたから余計に思います。

 

多様するのは極力さけて、どうしても飲まなければならないなら依存しにくいSSRIに代えた方がいいって事を!!

 

ストレスを減らす事は現代社会ではとても難しい事。誰もが抱えている問題なのですから簡単ではないはずです。

 

だから少しでも好きな事を見つけ、嫌な事があっても上手く逃せる方法・・・

 

そんなのを自分なりに見つけるとストレスに対する耐久性も付くんじゃないかな?と思っています。

 

精神不安が強くなるとデパスは効きにくい事もありますが、そんな時は

 

疲れてるんだな〜

 

薬が効かない事に不安を感じるのではなく、それだけ頑張っている自分を褒めてあげてもよいんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク



デパス(エチゾラム)依存から断薬・減薬成功

当サイトおすすめ!



デパスを断薬する方法を勉強しよう!

うつ病や精神疾患ランキングで悩みも解決!

関連ページ

デパス(エチゾラム)はうつ病で安易に処方される
デパス(エチゾラム)はうつ病で安易に処方されてしまう薬ですが、飲んでそれほど時間が経たない間に精神的に楽になるので依存しやすいと言われています。最初は軽いうつ病、しかし薬を飲んでもなかなか治らない鬱。このままどうなるんだろう?と不安が大きくなるのです。
デパス(エチゾラム)は不眠症でも安易に処方される薬
デパス(エチゾラム)は不眠症で悩んでいる人にも処方される薬。確かに飲めば眠れるのですが、飲み続けると薬がなければ眠れなくなってしまいます。依存しやすいデパスですが、眠る為に飲まなければならないという不安も大きく、ますます辞められなくなってしまうのでしょう。
パニック障害はデパス(エチゾラム)では治らない
パニック障害と付き合って10年、その期間は常にデパスを服用していました。うつ病を発症してからの期間を合わせると20年もの間飲み続けてきたデパス。しっかりと依存していたのですが、デパスでパニック障害は治らないと医師に告げられ減薬する事に決めました。
更年期障害の動悸にデパス(エチゾラム)を処方
更年期障害で動悸や不安的さがあるとデパス(エチゾラム)を処方される場合があります。私の母も40代を過ぎた頃からひどい更年期で悩まされていたのですが、病院に行くとやはり処方されたのはデパスでした。しかし上手く更年期を切り抜けるとデパスとも手が切れたのです。
デパスでうつ病が治るかどうかは難しいところ
デパスでうつ病が治るかどうか?を考えてみると、確かに抗不安薬と呼ばれる精神安定剤なので効果はあるのですが、私の場合はデパスを飲んでいたから治ったという訳ではありません。一時的な辛さを軽減するには非常に良い薬ですが、これだけでは難しいのではないでしょうか。
デパス(エチゾラム)はストレスからの動悸にも処方される
デパス(エチゾラム)はストレスからくる動悸などにも処方される薬です。動悸が起これば体に何か問題があるのでは?と不安になる事もありますが、原因がないのであればストレスが原因になる事が多いのです。少しでもストレスをなくす事が一番の改善策になるのですが。
デパスはあがり症でも服用出来る抗不安薬だから断薬が難しい
デパス(エチゾラム)はあがり症でも処方される抗不安薬です。私は極度のあがり症で人前で話すをする事は殆ど無理です。しかし仕事では出来ないとも言えず毎回デパスを服用。こんなのも結局依存し断薬出来ない理由なのです。
肩こりでデパスを処方される場合は精神的な病が原因?
単なる肩こりだと思っていたらデパスを処方され不安を感じる人もおられるはず。筋弛緩剤的な役割を持っているデパスですが、単なる肩こりではなく精神的な問題が痛みに変わっている場合も少なくありません。心が安定すると肩こりが治るなら、ストレスが溜まっているのかも。
デパス(エチゾラム)はpmsに効果がある薬?
デパス(エチゾラム)はpmsに効果がある薬かどうか?と聞かれたので私なりに思う事を書いてみたいと思います。私は長年、生理前になるとかなりの精神不安や痛みが襲ってくるのですが、そんな私が20年以上デパスを飲んでいた結果、どうもpmsには効かないんじゃ?と思っています。
必須アミノ酸をバランス良く取るとうつ病はデパスは辞められる
うつ病や精神疾患を患っている人でデパスを飲んでいる人は多いのですが、必須アミノ酸をバランス良くとると鬱病や辛い精神病か楽になり、私はデパスを辞める事が出来ました。特にその中でもトリプトファンと呼ばれる成分を積極的に取り入れる事でセロトニンが増えるのです。
デパスを飲んで眠気がくるなら不眠症は不安ではない
デパスを飲んで眠くなるなら、その不眠症はあまり不安を感じる程でないはず。それ程キツイ薬ではないエチゾラムなのですが、精神的に辛い時や他にもうつ病やパニック障害などがあるなら眠気をあまり感じない事もあるのです。なので眠くなるなら不安を感じなくても良いのです。
デパスが効かなくなっているようで不安を感じてしまう
うつ病やパニック障害などの精神的な病でデパスを処方された時は効いたのに、飲み続ける内に効果がないくなっているように思うと不安を感じてしまいますよね。この場合デパスの分量を変えてもらったり異なった薬を処方してもらう事で改善出来る場合があります。
デパスを飲めばチック症はマシになる?自律神経を整えよう
ストレスを感じるとチック症と呼ばれる症状が出るのですが、デパスを飲めばましになるのか?私の場合はうつ病やパニック障害はもちろんの事、このチック症と呼ばれる症状にも悩まされていたのですがデパスを服用すると薬の効果がある間は少しマシになりました。しかしこれも自律神経を整えると症状がなくなりはしませんがかなり楽になってきたので、チック症で悩んでいるなら参考にして下さいね。