デパス(エチゾラム)の離脱症状で断薬に失敗しない方法

デパスを断薬するなら離脱症状と上手く付き合う事が大切

デパス断薬するなら、一番最初に考えなければならない事は離脱症状との付き合い方です。

 

私は20年以上もの期間、ずっとデパスを飲み続けていたのですが、いきなりの断薬はやっぱり失敗してしまいました。

 

何故なら、色々と不快な症状が離脱症状として起こってしまったからなのですが、上手くこれを乗り越える事が出来ると辞める事が出来ます。

 

 

エチゾラムなどの抗不安薬は離脱症状があって当然

デパスを断薬するなら離脱症状が耐えれる程度にゆっくりと

 

精神科の医師に相談し、辞めても良いと言われたから心の中では

 

飲まなかったらいいだけか!

 

なんてかなり軽く考えていました。

 

デパス(エチゾラム)を減薬し離脱症状で失敗した経験でも書いているのですが、かなり安易に考えていたのです。

 

そこで真剣に辞めるためにいきなり辞めてしまうのではなく、少しずつ辞めるという断薬をする事にしたのですが、最初はどうすれば良いか分からず自分のペースを掴むのが非常に難しいと感じました。

 

私の場合は一日に0.5mを1錠もしくは2錠までに減ってきたから辞める事にしたのですが、これでもかなりキツイんですよね。

 

だから最初は1日1錠、それがだめなら今まで通り2錠を飲んでいたのです。

 

ただ私の場合はセロトニンを増やす良いサプリと巡り合えたというのが、少しでも薬と早く手を切れたのですが、上手く自分の薬配分を知りコントロールする事で思っている程辛いと感じず辞める事が出来るようになりました。

 

 

絶対に飲まないと決めて離脱症状を乗り越える方法もある

 

うつ病やパニック障害が長年あり、ちょっと精神的に辛い事があるとこれらの症状が出てしまっていました。

 

またパニックの予期不安が始まると動悸やめまい、頭痛や息苦しさが襲ってくるので、こんな時はどうしても薬に頼るしかないんですよね。

 

色々な方のブログを読んでいると気合で辞めてしまえる人もいるようで、

 

私みたいな根性のない人間には難しい・・・

 

と何度も落ち込んだものです。

 

しかし誰かと比べるのではなく、あくまでも自分は自分。

 

私の辛さは私にしか分からず、どうしても薬に手が伸びてしまうのも仕方がないと割り切る事が出来た時から

 

「ダメなら飲もう」

 

そう思えるようになったのです。

 

デパスを断薬しても離脱症状が耐えられないなら、減薬、それもあくまでも自分のペースで出来る方法でゆっくり辞めていくのがおすすめですよ!

 

時間がかかっても辞める気持ちがしっかりあれば必ず辞められるのですから!!

スポンサードリンク



デパス(エチゾラム)依存から断薬・減薬成功

当サイトおすすめ!



デパスを断薬する方法を勉強しよう!

うつ病や精神疾患ランキングで悩みも解決!

関連ページ

デパス(エチゾラム)を減薬し離脱症状で失敗した経験
デパス(エチゾラム)を減薬し離脱症状が苦しく失敗した経験がある人は多いのではないでしょうか。20年間デパスを飲み続けてきた私も皆さんと同じように軽い気持ちで減薬、あわよくば断薬をしようと試みたのですが失敗に終わった経験があります。辛い離脱症状をどう抜けるか!が重要なのです。
デパス(エチゾラム)を減薬して吐き気があるなら離脱症状かも
デパス(エチゾラム)減薬したのに突然の吐き気。それ、もしかするとデパスの離脱症状かもしれません。私が断薬を始めた時にも起こった症状だったのですが、突然気持ち悪くなる日が数日続いた事がありました。断薬や減薬と吐き気は離脱症状なのでしょうか。
デパス(エチゾラム)の減薬でめまいがするのは離脱作用
デパス(エチゾラム)減薬、断薬し始めるとめまいがする事があります。このめまい、歩いていてもフラフラした感覚で、脳がおかしいんじゃ?と悩んだ事がありました。が、これが薬の離脱症状の一つなのです。沢山ある離脱症状の眩暈について書いてみたいと思います。
デパス(エチゾラム)断薬の離脱症状は不眠の悩み
デパス(エチゾラム)減薬、断薬し始めるとなかなか眠れず不眠で悩まされていた時期がありました。デパスを飲めばすぐに楽になるのは分かってても、必死で我慢。ついつい1錠を飲んでしまう事もありましたが、この不眠、本当に寝られずとても辛いんですよね。
デパス(エチゾラム)の離脱症状で動悸が激しい
デパス(エチゾラム)を減薬断薬しようと辞めたものの、離脱症状で動悸が激しく結局またデパスを飲んでしまう。この離脱症状って本当に辛くて、きっと経験者しか分からないんだと思います。上手く乗り切ればもう少しで辞められるはずなのに、このあと少しが長いんですよね。
デパス(エチゾラム)の効果と持続性と離脱症状
デパス(エチゾラム)を減薬、断薬するには効果が出るまでの時間や持続性を考える必要があります。デパスは比較的早く効果が現れ、持続性が短いから依存性が高いと言われているのですが、このタイミングを知っていると辛い症状が離脱症状だと分かるのです。
デパス(エチゾラム)を減薬断薬すると手足が痺れる離脱症状
デパス(エチゾラム)減薬、断薬すると手足が痺れる事があるのですが、これ、デパスを辞める離脱症状の一つなんです。私も左手が痺れたと思ったら翌日には右手がゾワゾワするという症状に悩まされ脳を疑ったのですが、実はこれもデパスを辞める時の離脱症状なのです。
デパス(エチゾラム)断薬で起こる過呼吸は離脱症状
デパス(エチゾラム)減薬、断薬すると過呼吸が起こる事があります。これもデパスの離脱症状の一つと言われているのですが、どうしても依存しているとこの離脱症状が辛いのです。この辛さに耐え切れず減薬断薬を辞めてしまう事も多く、不安との戦いなのです。
デパス(エチゾラム)を減らすと息苦しくなる
デパス(エチゾラム)を減薬や断薬しようと少しずつ減らすと息苦しくなるという離脱症状は非常に辛いものです。焦って辞めるのではなく、その日の体調に合わせてデパスを減らすと離脱症状もそれ程苦しくありませんでした。
デパスもベンゾジアゼピン系の抗不安薬だから離脱症状がある
デパス(エチゾラム)はベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。そしてこのベンゾジアゼピン系の薬は離脱症状が起こる可能性があるのですが、これがかなり辛い!離脱症状が辛くて減薬や断薬に失敗してきた私ですが、ここを乗り越えるとデパスを辞める事が出来ました。
デパスは1日3mgまで!それでも離脱症状は出てしまう
デパス(エチゾラム)は1日3mgまでと書かれているのですが、決められた分量を飲んでいても減薬や断薬をしようとすると離脱症状が出てしまいます。少し体調が良い時やメンタルが安定しているなら、分量を調節しながら少しずつ薬を減らしていく事が大切です。
デパスは毎日飲んでも大丈夫だけど離脱作用がある
デパス(エチゾラム)は毎日飲んでも問題はないのですが、断薬や減薬しようとすると離脱作用があります。デパスは長期間服用するのではなく、頓服のように辛い症状が出た時に飲む薬。毎日飲むなら異なって抗不安薬に代えてもらう方が良いかもしれません。
デパス(エチゾラム)依存で禁断症状が出ている
デパス(エチゾラム)に依存し続けてしまうと禁断症状と呼ばれる離脱作用が起こります。この症状が起こるまでに短期間でデパスを辞められると良いのですが、何も知らずに服用。無知だった私は断薬するためにこの辛い離脱作用にかなり苦しまされる経験をしました。
デパス(エチゾラム)や抗うつ剤など離脱症状なしにやめる方法
デパス(エチゾラム)や抗うつ剤などを離脱症状なしで辞めたいと思うのは当然ですよね?しかし飲んでいる期間や量で離脱作用の出方も異なってきます。どうすれば離脱症状に苦しまず薬を辞められるか?筆者の体験談をもとにアドバイスを書いてみたいと思います。