デパス(エチゾラム)断薬にはセロトニンとギャバ(GABA)

デパスを減薬断薬するならセロトニンを増やしながらギャバ(GABA)も採ろう

デパス減薬断薬を考えているならセロトニンを増やす事はもちろんの事ですが、ギャバ(GABA)と呼ばれる成分も一緒に採るのが理想的です。

デパスを減薬断薬するならセロトニンとギャバ(GABA)

最近はチョコレートなどでもギャバが配合されているのが販売されるようになりましたよね!

 

このギャバとは天然アミノ酸の一つなのですが、興奮を鎮めたり、リラックスさせてくれる役割があると言われています。

 

今回はこのgabaについてもう少し詳しく調べてみました。

 

 

デパスを減薬断薬するならリラックスさせてくれるギャバを取り入れて

 

基本的に抗不安薬や向精神薬を服用している人は常にストレスと戦っているのですが、あまりリラックスしているといった感覚を感じないのではないでしょうか。

 

私の場合は常に頭がフル回転しているような感じで、何かを考えていない空白の時間がありませんでした。

 

これでは精神が落ち着く事もなく、いつも精一杯な状態。

 

だから些細な事でも大らかに考える事も出来ず、イライラしたり逆に落ち込んだりとメンタルの浮き沈みが激しくなってしまいます。

 

このリラックスに期待できると言われているGABAはストレスを和らげ興奮を抑える働きをするのですが、興奮はドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が分泌する事で起ります。

 

アミノ酸といえばたんぱく質を構成するものが有名ですが、それらとは異なり、ギャバは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしているのです。出典http://www.gabastress.jp/aboutgaba

 

つまりドーパミンが沢山分泌するのを抑えればリラックスできるという事!

 

その役割を担ってくれるのがギャバなのです。

 

 

エチゾラムを辞めるためにGABAを食べ物で採り入れよう

 

普段から食べている食べ物の中にも含まれているのですが、その中でも

 

  • 発芽玄米
  • トマト
  • なす
  • かぼちゃ
  • きゅうり
  • みかん

 

などにも沢山含まれています。

 

最近ではキムチの中の乳酸菌がギャバを効率よく作り出してくれる事があると分かり、これを使ってチョコレートやコーヒーなどから採り入れる事が出来る商品が増えてきたのです。

 

ストレスを強く感じているなら積極的に日常の食生活に取り入れて、メンタルを楽にしてみて下さいね!

 

 

セロトニンを増やしストレスを軽減すれば減薬や断薬は難しくない

 

このブログを読んでいるという事は、あなた自身薬を辞めるという事は思っている以上に難しいと感じているのではないでしょうか?

 

それでもやっぱり辞めたい!!というつ強い思いがあるからこそ、何かちょっとでも方法がないかと探しているのだと思います。

 

私も色々なサイトや本などから学び行きついた答えがこれらの成分を増やすという事でした。

 

【参考記事】デパス(エチゾラム)をやめたいならセロトニンがポイント

 

人よりもセロトニンが減少しやすくストレスを感じてしまいやすいから、エチゾラムを処方され、そのまま飲み続けてしまったから依存して辞められない・・・

 

そんな負のスパイラルに陥ってしまっているなら、即効性はなくても日々の食べ物を変えてみる事から始めてみて下さい。

 

小さな事を変えていくだけでも、体は少しずつ反応してくれるはずなので、今からでもデパスを断薬や減薬しようと考えているならセロトニンを増やしギャバも増やす!!

 

そんな事でもあなた自身が変わっていくはずです!

スポンサードリンク



デパス(エチゾラム)依存から断薬・減薬成功

当サイトおすすめ!



デパスを断薬する方法を勉強しよう!

うつ病や精神疾患ランキングで悩みも解決!

関連ページ

デパス(エチゾラム)を飲まなくてもセロトニンは増やせる
うつ病やパニック障害などの精神疾患でデパス(エチゾラム)を処方されている方は多いのではないでしょうか。抗不安薬と言われるデパスですが、即効性があるのですが依存性も高いのが問題。しかしでパスを服用せずともセロトニンを増やす事で楽になれるのです。
デパス(エチゾラム)をやめたいならセロトニンがポイント
デパス(エチゾラム)やめたいのになかなかやめられず何度も減薬を失敗しているなら、まずはセロトニンに着目してみて下さい。長年飲み続けると辛い離脱症状が起こり飲んでしまうのですが、セロトニンを増やせばかなり精神的にも楽になっていくのです。
デパスに頼らずうつ病を治すなら太陽の光がセロトニンを増やす
デパス(エチゾラム)を減薬や断薬したいと考えているなら朝日を浴びてみて下さい。太陽の光は脳をの覚醒を促しセロトニンを増やしてくれるので、少し早起きするのもお勧めです。うつ病やパニック障害でデパスを飲んでいるならこんなちょっとした事でも変える事が出来るのです。
セロトニンが増えればデパス(エチゾラム)は断薬出来る
セロトニンと呼ばれる脳内ホルモンはストレスなどを軽減してくれる作用があるのですが、パニック障害やうつ病などの精神疾患を抱えている人はこのセロトニンが欠乏していると言われています。しかしこの脳内物質を増やせばデパスを辞める事が出来るので積極的に増やしていきましょう。
デパス(エチゾラム)の代替でセロトニンを増やすと減薬出来る
デパス(エチゾラム)をそろそろ辞めたい、減薬、断薬を考えているならセロトニンを増やすのがおすすめです。20年以上もの間デパスに依存してきた私がセロトニンを数か月増やしただけで簡単に減薬、そして最終的には断薬する事に成功しました!
デパス断薬の鍵はリラックス!ノニでセロトニンを増やそう
デパス(エチゾラム)を減薬や断薬する鍵はリラックスをする事!セロトニンが減少するとメンタルが辛くなったり不眠になったり精神的面に影響が出てしまいます。つまりセロトニンを増やせば良いという事!トリプトファンが含まれる話題のノニがどのように良いかを考えてみます。
デパスを断薬したくても体調不良!セロトニンを増やしてみて
デパス(エチゾラム)を減薬や断薬したくても体調不良で難しいと思っているなら、一度セロトニンを増やしてみて下さい。精神的に辛いと感じる時はストレスを軽減してくれるセロトニンが減少している場合が多いのですから、少し増やすだけでも元の体調に戻る可能性があるのです。昔はもっと元気だったのに!と悩んでいるなら、薬ばかりに頼らず自ら増やす方法を考えてみて下さいね!25年もの間デパスに依存してきた筆者がその方法をご紹介したいと思います。